ほうれい線におすすめの化粧品

アンチエイジングを考える年ごろになり、気になるところといったらほうれい線ではないでしょうか。ほうれい線を放置しておくと皮膚がたるむ原因となります。大切なのは毎日のスキンケアと、正しい化粧品選びです。ではどんな成分が効果的なのでしょうか。まず代表的なのは、コラーゲンやエラスチンなどの美容成分です。肌の弾力を高めハリを取り戻す効果が期待できます。また比較的若い20~30代の人でもほうれい線ができる原因は乾燥です。乾燥はほうれい線をますます深くします。乾燥を防ぐためにはセラミドなどの保湿成分が有効です。またどちらの成分も浸透技術が伴っていないと効果も半減などで、浸透力の高いものを選ぶのがおすすめです。

シミに効果的な成分

紫外線を気にして日焼け対策をしていても、どうしてもできてしまったシミ対策には、すでにできてしまっているシミを改善する作用と、シミの原因になるメラニンを作らせない作用の2つが挙げられます。できてしまったシミにはビタミンC誘導体が、原因になるメラニンに効く作用には同じくビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタエキス、トラネキサム酸などが有効な美白成分と言われています。医薬部外品として厚生労働省の許可を受けた美白化粧品が安全性も効果も期待できるでしょう。ただ医薬部外品であっても誰でも必ずシミに効果があるというわけではなく、人によっては肌の状態により刺激をうける場合もあるので、その際は使用を中断するのをおすすめします。

毛穴解消に有効な成分

毛穴の開きといっても実は種類によって有効な成分がかわってきます。まず一つ目は開き毛穴です。これには皮脂の過剰分泌を抑え毛穴の引き締めを促す高浸透型ビタミン誘導体が効果的です。またお肌の角化を正常にし、肌の乾燥を防ぐレチノイン酸もおすすめです。二つ目は加齢を伴うたるみ毛穴です。高い保湿効果をもつセラミドや加齢とともに低下する肌機能のサイクルを助けるEGFを採り入れましょう。抗酸化作用をもつコエンザエムQ10は細胞の機能をアップし、肌にハリが戻るのでたるみ毛穴には効果的です。最後に黒ずみ毛穴にはフルーツ酸で古い角質をしっかり除去するのがいいでしょう。またアミノ酸は黒ずみの原因となる角栓のつまりを排出する作用があります。このように毛穴の種類に応じて、それぞれに合った成分の入った化粧品を選んでみてはいかがでしょうか。