大手化粧品メーカーを選ぶといい?

様々な種類の化粧品が市場にはあふれています。迷ったときどんなメーカーのものを選ぶといいのでしょう。多くの消費者がなぜ大手のメーカーを選ぶのか、それには理由があります。以前はコラーゲンやエラスチンなどの有効成分が配合されているものが人気でした。そして次にいかに肌に成分を浸透させるかという成分の浸透技術の有無がフォーカスされます。そして現在は細胞や遺伝子レベルでのスキンケアの研究が進んでいます。細胞や遺伝子レベルの研究は大手のメーカーでないとなかなか難しいところです。もちろん肌質や使用感の好みなどは個人差がありますが、様々な研究・開発が日々行われている業界ですから、自分に合ういいメーカーをぜひ見つけてみてください。

同じメーカーのライン使いがいい?

ライン使いとは、同じメーカーやブランドのシリーズを揃えて使用することを指します。ライン使いのメリットをいくつかご紹介します。まず一つ目は化粧品同士の相性がいいということです。シリーズで使う事を想定して開発されているので、相性がいいのはもちろん効果を最大限に発揮してくれるのが期待できます。二つ目は使う順番が明確ということです。美容液や乳液など様々なメーカーの商品をひとつづつ使用していた場合、どの順番で使うのか迷ったことはありませんか。その点ラインで使うと順番で迷うことはまずありません。最後は購入時間の短縮です。売り場またはメーカーのホームページなどラインの販売場所がひとつなので購入時間の短縮ができます。新しい商品との出会いに躊躇してしまう、一定のコストがかかる、などのデメリットもあるので、一度比較検討してみてもいいですね。

コスメメーカーのアウトバウンド

最近の化粧品メーカーは国内のみならず海外進出の戦略も活発に行っています。外国人観光客が日本で手に入れ気に入ったものを、帰国後現地で販売していた場合リピートして購入するケースが想定されるからです。アジアの一流高級百貨店のみに商品を展開するメーカー、欧州と中東で富裕層をターゲットにしたブランドを発売したメーカー、そして様々な店舗タイプをもつメーカーはその国に応じたショップを展開をしています。SNSの普及でクチコミによる情報拡散が進み、各メーカーが海外進出する機会が広まっています。海外旅行に行った際に国内メーカーのショップを見つけたら、のぞいてみるのも楽しいかもしれませんね。